2017年05月02日

顔面神経麻痺その4

170410-6.jpg
4月、タオ島の海外ツアー前に受診。先月から1ヶ月経過しすでに発症から約2ヶ月だ。病状が悪いのは分かったが、ほとんど何もせずに1ヶ月経過である。薬もたいしたものは処方されていない。 しかし、自分の感触では、少しずつだが麻痺した右にも反応が出てきている。今回こそ柳原法で16点はいくだろうと・・・・。

結果は10点。だった・・・。 この1ヶ月でわずか2点の増加。確かに、冷静にかんがえてみればこの点数もうなずける。眼はようやく、なんとか閉じることが出来るようになってきた。この点で2点の増加。それ以外は確かに点数が上がるほどの進展は無い。それが事実だ。舌の感覚も麻痺したままだ。右側は味がぜんぜん分からない。
食事も麺類はうまく吸えないし、こぼれる、汚い。 歯には食べかすが多く残留、うがいがしたくなるが、それとて自分の指で唇を閉じなければ出来ないのだから・・・。  
写真はタオ島のリゾートのプールで自撮りしたもの。唇の位置、やはりゆがんでいた。

本人はゆがんでいないつもりで撮影したのだが・・。
【日記の最新記事】
posted by anthias at 19:29| 日記