2017年05月18日

潜水記録

170518-1.jpg
ダイバーが潜水終了後に記入するログブック。最近はめっきり書くことが無くなった・・。最後に書いたのは2010年の11月だ。もう6年半も書いていないことになる。 こうなると自分の正しい潜水回数が怪しくなってくるが、その最終記入日で4422回である。
昔からインストラクターでちゃんと書いている人は見た事が無かったから、曲がりなりにも、始めてから20年以上記入した自分は大したものである。(本当か?) とすると、この6年半が悔やまれるというものだ。昔はゲストと図鑑を開いてログ付けを2時間もしていた。インストラクターのITCやIE(イントラになる為のテスト期間)の時でもまじめに記入し、魚の名前や絵をたくさん描き、一緒にコースに参加していた候補生達を驚かせたものだった。
このノートの記入で、特に思いで深いのは100ダイブ記念のページに間違いない。ほとんどの人はそうだろう。それまでの苦労や悪戦苦闘がよみがえる。皆いろんな経験を積むのだ。しかし、いつの間にか上達し50回、ちょっとした感動を得る。やがて80回、90回・・・とその時は迫り、ああ、とうとう自分も100回目・・・。ログをめくり過去のダイビングを振り返り、いろんなことがあったなあ・・。などと思うのである。

自分の100回目は89年の9月。一人前になった感動に浸ったものだ・・・。(今から見ればまだまだ海のことは解っていないが)そして93年の8月が1000回。どちらも写真が残されており、ゲストも時代を反映し、カラフルな器材、(ウエットスーツやBCなど)である。懐かしい・・・。

もう一度、ちゃんと書いてみるか・・・。
しかし、もう5000は超えてしまっているので、次の節目は・・・。10000回! 自分はたぶん到達できないだろう・・。
【日記の最新記事】
posted by anthias at 09:16| 日記