2019年05月29日

シロオビコダマウサギ

190421-1.jpg
シロオビコダマウサギ。ダイビング中に撮った生態の写真なので、自分の貝殻を外套膜で覆っており、浜辺で打ち上げられた貝殻とは見た目はかなり違うのだった。 水中でトゲトサカの仲間を見かけると隠れていないか確認するが、ウミウサギの仲間は10のうち1つもついていない。自分が見つけられないだけかもしれないが、なかなか見つからない。
見つからないのは浜辺での打ち上げでも同じ。無数にある貝殻の破片や微小貝にサンゴの欠片、その膨大な打ち上げの中に、見つかるのはせいぜい1時間に1個というところだ。 まあ、だからこそ探して拾いたいと思うんだけど・・・・。

下の写真はセロガタケボリの生態。こちらも鮮やかな外套膜で貝殻を覆っている。
190422-1.jpg
【貝殻集めの初心者の最新記事】
posted by anthias at 13:46| 貝殻集めの初心者