2019年08月13日

コンゴウフグ

190803-1.jpg
写真はコンゴウフグ(かなり小さい)の幼魚。南紀の海水浴場で時々見かけるものだ。水深が数mの浅い場所、砂地の広がりに居て何かに寄り添うようにじっとしている・・・。写真の個体は15mmほどの大きさで不細工なサイコロのような感じ。もう少し大きくなれば近縁のミナミハコフグの幼魚みたいに黄色くなり、目の前方に角も生えて武装する。
その角は実に立派であり、同属のウミスズメやシマウミスズメからは羨望のまなざし。実はこの2種もサイコロ大の小さな時にはそれなりに立派な角を持つ(一瞬こっちがコンゴウフグかと思う程)が、大きくなっても角は成長しない。
対して、コンゴウフグはサイコロ大の時は角はないが、その後どんどん角が伸びてくる。幼児期は角がないからいじめられ、岩場に行けず砂地で独りぼっち。まるで「みにくいアヒルの子」のようだとは、勝手な想像だが・・・・。
この写真の個体は見つけるのが一瞬遅れ、うっかり近づきすぎた。正面を向いているがもはや逃げ腰で、後ろにどんどん逃げ始めた。もっと早く見つければ、逃げ出す前に十分な距離まで近くに寄れる。生息環境を知り、そこに居ることをイメージして探すことが大切だ・・・・。

020915-3.jpg
立派な角を備えた幼魚(きれいな黄色の時期はすでに終わりが近い個体)
本種の学名 corunuta は「角のある」の意味。この名前を持つ生き物は多い。また、コルヌーと聞くとかつてのGPライダー ジャック コルヌーをも思い出す。ヘルメットを脱いでも禿げ頭。角なんてない・・・。
【魚の話の最新記事】
posted by anthias at 14:13| 魚の話